絶望的に何もかも似合わない頭の大きさ

私の身体の悩みはズバリ、頭が大き過ぎる事。

日本人の成人における平均的な頭身は約7と言われていますが、私はすでに30に差し掛かるというのに頭身を計ると約6.3程度しか無く、その姿のアンバランスさは全身を写す鏡を見れば一目瞭然なのです。

頭が大き過ぎるとどうしても子供っぽく見られ、どの様なファッションで身を固めても壊滅的に似合わないという弱点から逃れる事は出来ません。

全体を明るくしても、暗くしても、またルーズにしても、スリムにしても、どの様なスタイルに纏めても大き過ぎる頭がまずいの一番に目立ってしまい、服装面での努力を台無しにしてしまいます。

大き過ぎる頭を隠しフォローするにはやはり帽子を被らなければ、という事になるのですが、帽子の種類にも依りますがそれにより可能なスタイルがかなり制限されてしまうのは確か。

また当然短髪にすれば頭部の大きさがより強調されてしまいますから、ヘアスタイルにも幅が持たせられず、長く伸ばし気味の髪でおでこや側頭部を隠すのが基本という、何とも地味で不活発な印象となってしまうのです。

頭が大きければ、それを補う為に筋力トレーニングを積極的に行いガタイを良くしてみる、という対策も思い浮かぶもの。私も実際数年間は自室や市営のジム等で意欲的に筋トレをこなしたものでしたが、いかんせん筋肉が付き難い体質だったらしく、むしろ体脂肪が減り極限までシェイプアップしてしまったおかげで、余計に頭の大きさを強調してしまう、という結果に終わってしまったのでした。

普通に考えれば身体が引き締まる事自体、健康面から見れば大きなプラスですからそれを維持するとして、少しでも頭を大きく見られない他の工夫を試してみるしかありません。

現在は今一度、ファッション等のスタイル面からこの弱点をリカバリー出来る方法は無いかと再検討を始めているところ。

またそもそもその様なコンプレックスを無くせる様なメンタルの持ち方について学んでみようか、とも考えているのです。

女の人はエステや脱毛に行けばコンプレックスが解消できるからうらやましいです。妻は毛が濃いことがなやみっだったんですけど、脱毛(※レーザー脱毛新宿)に行ってそれが解消されました。うらやましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です